2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.14 (Wed)

【ネット】  "Winnyで流出"の果て…「アニメ全話が手に入る!」などの欲望に負け、解雇、離婚、倒産・・・

ウイルス対策ソフトは大事だお。


Winny利用の果て――家族崩壊した銀行マンの悲劇
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090113-00000017-zdn_ep-sci

 N氏は典型的な真面目人間で、50代前半で銀行の副支店長という肩書きでした。この年は業績の計算数字がなかなか合致せず、何度も計算を繰り返すうちに帰宅時間が迫りN氏は仕方なく、USBメモリにコピーを行う権限を持つ副支店長という立場を利用して、USBメモリに業務関連資料データをすべてコピーし、自宅で作業することにしました。

 本部への報告から数日して、N氏の勤める銀行の内部資料が「Winny」のネットワーク上で発見されたという噂が流れました。N氏は、「また、そんな事件が起きたのか! しかも、うちの銀行ではないか。いったい、どこの誰がそんな馬鹿なことをしたのか」と思ったそうです。銀行では直ちに専門チームを組織して、漏えいした資料を発見し、内容を確認しました。すると、N氏の作成した資料や内部情報だったのです。

 N氏はすぐに本部へ呼ばれ、状況を聴取されました。また、彼には内緒で別の調査チームがN氏の自宅に出向き、彼の使っていたノートPCを夫人の承諾を得て入手しました。N氏には全く身に覚えがありません。当然ながら否定するしかなかったのです。しかし、回収したノートPCを専門家が調査したところ、わずか15分でWinnyの暴露ウイルスが発見されたのでした。

 さらに調査を進めたところ、最終的に大学生の長男が使用していたことが判明しました。長男は自分のPCは持っていました。しかし、メーカーへ修理に出していたところだったのです。 長男はいわゆる「Winny中毒者」でした。映画や音楽などを違法コピーしたデータなどを簡単に入手できるという快感がどうしても忘れられず、少しの間でも我慢できなかったのです。つい父親が留守にしている平日にN氏のPCを借りて、Winnyの操作に没頭していたということでした。

 さて、N氏の今後の処遇については、人事部や上司である支店長などが検討しました。N氏本人が
流出させたわけではないものの、無罪放免では済みません。社会が納得するであろうとして、依願退職という形になりました。しかし、N氏は50代です。この状況下では、簡単には就職口が見つかりません。


お父さんカワイソス(´・ω・`) 

息子は修理の短い期間すら我慢できなかったのね(´ー`)
ネカフェにでも行けばいいのに。

子供のせいで人生オワタ・・・。
でも、どんな理由であれデータ持ち帰るのはヤバイ(´・∀・`)



Winnyの技術
Winnyの技術アスキー書籍編集部

おすすめ平均
stars研究機関でWinnyを使わないという誓約書を出させた組織があるそうです。
starsP2Pソフトウェアの「技術解説書」としておすすめできる良書
starsP2Pソフトウェアの設計・開発ノウハウ
starsWinnyの正しい理解か
starsソフトウェアの設計思想を学ぶ本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

 |  痛いニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://materiamateria.blog49.fc2.com/tb.php/252-6a83e9e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。