2017年03月/ 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.04 (Sun)

【マンガ】 史上初!「ワンピース」のルフィが「日経エンタテインメント!」の表紙に!

日経エンタテインメント ! 2010年 08月号 [雑誌] [シネマトゥデイ映画ニュース] 大人気テレビアニメ「ONE PIECE ワンピース」の主人公、ルフィが7月3日発売の日経エンタテインメント!(日経BP社)の2010年8月号の表紙を飾ることが明らかになった。過去に映画『千と千尋の神隠し』の例はあるが、テレビアニメのキャラクターが同誌の表紙を飾るのは史上初となる。さらには総力特集も組まれることが決まっており、ファンは注目必至の号となる。

映画『ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD』場面写真

 尾田栄一郎の「ONE PIECEワンピース」は、主人公のモンキー・D・ルフィ率いる麦わら海賊団が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を探し、大海原を航海する冒険漫画。「週刊少年 ジャンプ」で1997年より連載が開始され、コミックスはの全世界で2億万部以上が発行されている。7月23日に第1弾となる“SANJI”と“EAST BLUE”が発売されるDVD「ONE PIECE ワンピース Log Collection」シリーズは発売を前にシリーズ合計10万セットを超えるほど予約が殺到しており、その人気ぶりはさらに過熱しそうだ。

 同誌では、今回発売されるDVDから原作コミックスの初版歴代発行部数の記録更新など、昨年末に公開された映画『ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD』の大ヒットから続く「ONE PIECE現象」を徹底的に解剖。同誌の編集長が「ビッグヒットが生まれにくいと言われている昨今のエンターテインメント界で、数少ない鉄板銘柄として、コミックス、CD、テレビアニメなどあらゆるメディアで異例のヒットを飛ばしているのが『ワンピース』です。しかも誕生から10年以上経つ作品が、ブームといえるほど盛り上がっているのはきわめて珍しいケース」と分析する作品について、表紙も連動した15ページに及ぶ総力特集を組み、通常発行部数の20パーセント増となる16万部を発行する予定となっている。

 この夏、お台場合衆国2010やユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどのテーマパークで「ONE PIECE ワンピース」のアトラクションが催される今だからこそ、復習も兼ねて魅力を再検証してみてもいいかも? ただし、コミックスは58巻まで出ているので1巻から読み返そうとするのは、ほどほどに……。
http://www.cinematoday.jp/page/N0025328


ワンピさんパネェwww

スポンサーサイト

テーマ : ONEPIECE - ジャンル : アニメ・コミック

 |  ONE PIECE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.04 (Fri)

【マンガ】 オリコン2010年上半期"本"ランキング コミック部門は「ONE PIECE」が圧勝

ONE PIECE 58 (ジャンプコミックス) オリコン・コミュニケーションズは、2010年上半期 (2009年11月23日~2010年5月23日)の書籍の売上をまとめた「オリコン2010年上半期"本"ランキング」を発表。コミック部門では、尾田栄一郎氏の『ONE PIECE』(集英社刊)が圧倒的な強さを見せた。

数多く出版されるコミックの中でもずば抜けたセールスを記録している『ONE PIECE』。コミック作品別売上では第57巻(3月発売)が230.6万部で1位、第56巻(昨年12月発売)が227.6万部で2位を獲得。上半期内のコミックシリーズ別総売上部数は、2位の『NARUTO-ナルト-』(集英社刊)の417.9万部に大差をつける1522.0万部を記録した。

「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)の1997年34号より連載が続く『ONE PIECE』は、主人公のモンキー・D・ルフィ率いる麦わら海賊団が"ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)"を探し、大海原を航海する冒険漫画。昨年末には映画『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』が公開され、映画入場者に原作者の尾田栄一郎氏が映画と連動して書き下ろしたコミックスの「0巻」が配布されるなど、映画公開に先駆けたユニークな仕掛けもコミックシリーズ全体のセールスを後押し。昨年の上半期(シリーズ総売上620.9万部)との比較においても大きく上回る結果となった。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/06/03/007/?rt=na


↓ ランキングを見る

テーマ : ONEPIECE - ジャンル : アニメ・コミック

 |  ONE PIECE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.03 (Thu)

【マンガ】 「ONE PIECE」が6カ月連続トップ!2010年5月の漫画全巻ドットコム売上ベスト500

ONE PIECE 58 (ジャンプコミックス)

「漫画全巻ドットコム」( http:/www./mangazenkan.com/ )を運営する株式会社TORICO(本社:東京都千代田区、代表取締役:安藤拓郎)は2010年5月(2010年5月1日〜2010年5月31日)、漫画全巻ドットコム内約8000タイトルから最も読まれた漫画全巻セットのランキングトップ500を集計、発表いたします。

【トピック】

・『ONE PIECE』が遂に6カ月連続の首位
・テレビアニメが好調な『荒川アンダーザブリッジ』が遂に2位(3位⇒2位)
・作者ドラマが好調な『墓場鬼太郎』が大幅ランクアップ(880位⇒6位)
・テレビドラマが好調な『ヤンキー君とメガネちゃん』がベスト10入り(16位⇒7位)
・テレビアニメが好調な『GIANT KILLING』がベスト10入り(14位⇒9位)

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

 |  ONE PIECE  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.13 (Thu)

【マンガ】 「ONE PIECE」が5カ月連続トップ!2010年4月漫画全巻ドットコム売上ベスト500

荒川アンダーザ ブリッジ 10 (ヤングガンガンコミックス)

【2010年4月漫画全巻ドットコム売上ランキングトップ500】

1位:ワンピース ONE PIECE (1-57巻 最新巻)
2位:君に届け (1-10巻 最新巻)
3位:荒川アンダーザブリッジ (1-10巻 最新巻)
4位:のだめカンタービレ (1-23巻 全巻)
5位:スラムダンク SLAM DUNK [新書版] (1-31巻 全巻)
6位:ONE PIECE ワンピースキャラクターブックセット (全3冊)
7位:1Q84セット (BOOK1+BOOK2+BOOK3)
8位:スラムダンク『あれから10日後』完全版
9位:銀魂 (1-32巻 最新巻)
10位:鋼の錬金術師 (1-24巻 最新巻)
11位:風の谷のナウシカ (1-7巻 全巻)
12位:FAIRY TAIL フェアリーテイル (1-19巻 最新巻)
13位:一騎当千 (1-16巻 最新巻)
14位:GIANT KILLING ジャイアントキリング (1-14巻 最新巻)
15位:WORKING!! ワーキング!! (1-7巻 最新巻)
16位:ヤンキー君とメガネちゃん (1-16巻 最新巻)
17位:B型H系 (1-7巻 最新巻)
18位:水木しげる伝 完全版 [文庫版] (上中下巻 全巻)
19位:交響詩篇エウレカセブン (1-6巻 全巻)
20位:会長はメイド様! (1-9巻 最新巻)
21位:めぞん一刻 [新装版] (1-15巻 全巻)
22位:JIN-仁- (1-18巻 最新巻)
23位:聖痕のクェイサー (1-9巻 最新巻)
24位:あしたのジョー [文庫版] (1-12巻 全巻)
25位:ヘルプマン! (1-14巻 最新巻)
26位:ドラゴンボール [新書版] (1-42巻 全巻)
27位:少年少女日本の歴史 (1-23巻 全巻)
28位:HUNTER×HUNTER ハンター×ハンター (1-27巻 最新巻)
29位:スラムダンク SLAM DUNK [完全版] (1-24巻 全巻)
30位:あひるの空 (1-27巻 最新巻)

31位以下は下記よりご覧いただけます。
http://www.mangazenkan.com/category/363.html

テーマ : ONEPIECE - ジャンル : アニメ・コミック

 |  ONE PIECE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.02 (Fri)

【ワンピース】 組曲『ONE PIECE』~The Final-Edition~【ニコニコ海賊団】

        

テーマ : ONEPIECE - ジャンル : アニメ・コミック

 |  ONE PIECE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。